プントアンティコ

思いがけずオークションで手に入れたプントアンティコの本です。

プントアンティコ
 

イタリアの白糸刺繍です。
イタリアらしくイタリア絵画が表紙を飾っています。

少し中をご覧ください。
チラ見 

興味深いことにヨーロッパの各国それぞれに
刺繍が発展してきて今に至ることがよくわかる
本です。

ちら見2  

例えばフランスの白糸刺繍はカウントしないステッチです。
布目の細かいものを使います。
この本で見る限りではイタリア刺繍はカウントしますので
取っ掛かりやすいかも知れません。
それにハーダンガーのような手技ですので
コツコツ派には最適かも知れません。
この本だけなら難しいかも知れないのでバイブル的なものがあれば
心強いでしょう。

本の下に敷いてあるものは2007年に制作した刺繍のサンプラーです。

刺繍サンプラー


スポンサーサイト

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

おっ、これは、ベネディクト・レヴェイヤックさんのデザインですね。
私がこの2月にやったアルファベの植物クッションと同じデザイナーさんです。すごくいいデザインですよね。私はキットと図案集を一目ぼれで購入しました。
イタリアの白糸は刺繍はカウントするんですね~。ハーダンガーみたいな感じなんでしょうか?糸はフランスの白糸みたいにコットンアブローダーなんですか?それともパールコットン?私はフランスの白糸刺繍を習ってたんですが、難しかったですよ~。もう忘れてます、昔のノートを見ながらじゃないと思い出せません。

追伸
やっぱり~、sachieさんんと持ってる本ややりたいデザインの趣向が似てるというか、偶然、同じものをやってること多いです。sachieさんにはご迷惑だと思うんですが、私はうれしいです~。
だって、パトリシア・ベイジさんの本も同じの持ってるし、今回のベネディクトさんのもおそらく同じだと思うし。(その本の表紙が、sachieさんの刺されてるのと同じデザインなので)
でも、プントアンティコまでは追いつきません。
そうそう、今日ね、生イザベルさんに電話したんです。ちょっと支払いにトラブルがあって。やさしそうな方でした。

Micaelaさん
ホントに偶然とは言え好きな刺繍のタイプが似ているのかもしれませんね。
このサンプラーはフランス在住の日本人の手芸家の作品展で生徒さんがされていて、偶然本を見つけて刺したものです。
教室に通っていた頃、かなりの人に見てもらえたようで子供には人気でした。
蝶々や虫を見つけて大喜びしてくれたようです。
プントアンティコの本に出てくる糸はパールコットンです。要所に応じて8番、12番を使い分けるようです。
写真で見ていただいたようにハーダンガーのような感じです。
布は細かいほうが綺麗です。
ヘムステッチもフランスと違ってイタリアの方が簡単です。
フランスの白糸刺繍、手が動きませんね。
時々はやらないと、と思うのですがクロスにはまりこんでいます。
イザベルさんって対応が早くて一人でされている感じで好感を持っています。

プントアンティコの本、私も気合いを入れて探してみましょ。
この本に載っているデザイン、優しそうでステキですもん。
L'Art du filのマダムもプントアンティコに一度トライしたことがあるそうで、
楽しかった思い出のお話も伺いました。

L'Alphabetさんのキットだと思ったら、違うのですね。
手つかずのキット(糸なしなので安かったです)がひとつあるので、
こちらも近いうちに挑戦したいなぁ。
やりたいことどんどん膨張してます。( ̄▽ ̄;)

aya-mimoさん
そうです。イタリアから取り寄せると送料のこともあって躊躇しています。
ユーロ圏に住んでいるものの特権みたいだから是非探してみてください。
この本はお薦め出来ます。
私が初めて購入した最新の本よりははるかに身近かです。

フリー刺繍の本はやり方が丁寧に書いてあってこれだけのものが苦労なく出来ました。
教室に通っていた頃は伝統的なものばかりでしたので、これは自分で本を見ながら刺しました。
ロング&ショートも数えるぐらいですのでコンプレックスな刺繍です。
要は自己学習なんですね。
小倉先生は習いに行ったことはないっておっしゃっていましたしね。
何番目かの後にこんな刺繍もぜひぜひ・・・。

これsachieさんが落とされたんですね(^^)
調べたら どこかでかなり高価な値段がついていました。
お買い得だったと思います。
素敵な内容だったのですね。
ERBAさんのキット やる気になってきました。
ちょっと回りを片付けないと 出来ない状態なので
片づけがまず先のようです(^^;
何か刺して見せてくださいね。
伝染菌 もらいにきます。

catさん
本当に思いがけずと言う言葉がピッタリでした。
日本で販売されているのはかなり高くなっています。
以前、一冊だけでも欲しくて海外から買いました。
その本よりはこちらの方が取っ掛かりやすいデザインが多いです。
そうですね、次のイタリア刺繍はエルバさんからフリーチャートをいただいているのですが、長丁場になると思います。あの街並みです。怖いもの知らずです。
先にこの本を参考に何か作ってみますね。
そして、伝染菌、増やしちゃおう~~♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

カギコメさま
了解です。遠目にお願いします(^0_0^)
プロフィール

Sachie

Author:Sachie
写真~ブラックワーク~
  
~好きこそものの上手なれ~

下手の横好きながら手芸を
楽しんでいます。

アルバム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お気に入りブログ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
キラキラ星
QRコード
QRコード