FC2ブログ

TIN缶を作りました。

Sachie

刺繍仲間の集まりでカルトナージュもどき、既存の箱に布を貼って楽しみました。
次回は空き缶に貼ろうということになり、刺繍が出来ましたので缶に貼ってみました。

TIN缶 

先に作ってみて良かった。
ポイントを間違えていました。
"できるわ”なんて、たかをくぐっているととんでもないことになります。

女の子 

ステッチイデーの今月号から。
アウトラインですが、頭髪が可愛く出来ません。
そこで、ダイ・ステッチで使用した布に塗るペンを使いました。
おっ、いい感じではない?
調子に乗って洋服まで塗ってしまいました。

ダイ・ステッチは図案に色を塗りチェーン・ステッチで仕上げていきます。

本日、2つめの投稿、よっぽど暇なのか、せっかちなのかですが
これで課題に戻れます。


スポンサーサイト



Comments 9

There are no comments yet.
aya-mimo  

またまた素早~~い♪ 
お仕事もして、手仕事もして、だから
sachieさんの時間の使い方がすごいんですよね。
せっかちさん仲間の中でも一番のせっかちさんかも。ふふ。

2012/04/17 (Tue) 18:54 | EDIT | REPLY |   
sachie  

ayaさん
せっかちだからせっせと手仕事しています。
後がない気がしたり、SALやストックしているものがあるから余計せっせと・・・。

やっぱり私?どっこいどっこいみたいな気がしますけど。
快いスピードで出来るときって、きっと調子いいのだと思います。
健康が一番。ayaさんも無理しないでね。

2012/04/18 (Wed) 00:04 | EDIT | REPLY |   
SORA  

↑すごく可愛いですね♪
私もステッチイデー買いました!
あれこれ作ってみたいものがあったので挑戦しなくちゃ(^^)/

2012/04/18 (Wed) 14:42 | EDIT | REPLY |   
sachie  

SORAさん
今月号も内容が豊富で良い本となっていますね。
作品たちは私の憧れです。
ですのに、出来たのはなんちゃって刺繍になってしまいます。
気合が足りないのかな( ´∀`)

2012/04/18 (Wed) 23:49 | EDIT | REPLY |   
ひでこ  

sachieさんも色々なことをされるのね~
ダイステッチもですか?
小倉さんの所で見て、どんな染色なんでしょう?と
思っていました。

Punto Anticoのご本、布をもう揃えられたのね。
ふむ、せっかちさん?いいわいいわ~
「これ!と思ったらまっしぐら」は私も大好きで~す。(笑)

2012/04/19 (Thu) 08:51 | EDIT | REPLY |   
sachie  

ひでこさん
私も小倉先生のところで拝見しました。
まるでマジックのようですね。

(^0_0^)私の行動、思考パターンは途中経過がないようです。
パッと見て好きなものは好き、他のものは興味なし。
感覚で生きているような人間だと思います。
この感覚を利用して刺繍にも生かしたいな思うのですが、、、、。

2012/04/19 (Thu) 21:35 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/04/24 (Tue) 01:41 | EDIT | REPLY |   
juju  

こんにちは。 
たくさん素敵な作品が出来上がってますね。
布にぬるペンというのがあるんですね。

↓のSAL LOULSE DUCHE、sachieさんの所で始めてみたときに、
(Part2だったかな?)とっても気に入ってしまって、
すぐにそのPénélopeさんにメールして
参加させてもらうようにお願いしました(^m^)

あまりハーダンガーとかDrawn Workとかの区別がつかないのだけど、
sachieさんの所でみると本当素敵なものばかりなので、
ほんといつかチャレンジしてみたいところです(^^)
それまで、チマチマおべんきょさせて頂きます~。

2012/04/24 (Tue) 10:01 | EDIT | REPLY |   
sachie  

jujuさん
布に図案に色を塗り周りはチェーンステッチするのをダイステッチといいます。
小倉ゆきこさんのお店で買うことが出来ます。
本もあります。どうやって作ったのかわからないようなマジックのような刺繍です。

嬉しいな、このSALはもうすぐ終了だから負担なく出来ますね。
このデザイナーさん、ブログを紹介してくれたり、メールも添えてくれたりして嬉しいです。言葉の問題でやりとりできないのが残念です。

う~ん?ヨーロッパの刺繍もその国で発展したようで微妙に違います。
最近知ったイタリア刺繍は目を拾っていく刺繍なので取り掛かりやすいかも知れません。
見ていただけるように素敵なものを作りたい・・・なんて、気持ちだけはね~~。

2012/04/24 (Tue) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply