Around the World in 80

とうとうドンロンへ到着しました。

DSC01416.jpg 

記念すべき最後のパート24なのに・・・
3つ並んだ一番上のモチーフがよく分かりません(/_;)
いつものような何ちゃって刺しゅうの代わりにイニシャルを入れました。
一応アルファベットのモノグラム。
本当に何でも適当だって証明されました(^v^)
遠目には分かりませんよね ~~。

↓少し遊んでみました。

ハンコ  


終わりってば
長い間見守っていただきありがとうございました。
無事ゴールして2歳も歳を取ってしまいました。
スポンサーサイト

SARAH HARRIS 1786

サラちゃんの一番上の段が出来ました。

SARA8-29  

糸と布の色が似ているところがありますが指定のまま刺しています。

いよいよパピヨンさんの世界の旅がロンドンへ到着したと連絡がありました。
最後ですからさっそく取り組んでいます。
近いうちにお目にかかります。

アッシジ刺しゅうの完成です。

ドロンワークが出来、完成となりました。 

アッシジ8-25  

ドロンワークは説明書のようにしたつもりですが
一部はなんちゃってドロンワークになったかもしれません。


いつも通る道沿いに本カフェ(古書)が出来ていました。

覘いたらこんな本を発見。

SETUKOSAN 

ド・ローラ節子さんのスイスでの手づくり暮らしの本です。

スイスの美しい風景、物を大切に暮らす手づくり生活は読んでいて気持がスーとするような爽やかさを感じました。

このお店はとても古い本もあってしばらく目が離せなくなりそうです。

コーヒーを飲みながらも良いですね~~。

今日からこちらは2学期、孫との夏休みから解放されましたので。

アッシジ刺しゅう~2~

イタリア・アッシジ地方に伝わるアッシジ刺しゅう。
ドロンワークとコラボで刺しゅう部分は終わりました。

アッシジ2
 
SANQより

32ctリネン・マタルボン黒

これから3か所ドロンワークをいれていきます。



もうひとつスタートしたSARAHです。

sarah8-24 
SARAH HARRIS 1786

1786年にSARAHによって作成されたサンプラーの再現です。
クエーカーは独特のモチーフで刺してみないと分からないところが面白くてやめられません。
例えば、左上は何だろうと思っていました。
生地を横にしてみると

sarah8-24-1 

最初は鳥かなと思ったのですがよ~く見てもわかりません・・・。
でも、この方向かなと思います。

このサンプラーにはこのようなモチーフが25,6個あります。
長い道のりですが好きだから最後までいけるような気がしています。

新しいサンプラーを始めています。

やっぱり私はサンプラーが好き。
SANQからひと目ぼれです。

アッシジサンプラー 

アッシジサンプラーです。
ドロンワークとのコラボです。
指定色は外国のシルクの段染め3色。
私は国産のマタルボン黒1色でいきます(笑)


もうひとつ始めたい、気持は始めているのが↓

sarah8-17 

SARAH HARRIS 1786

何度かスタートしているのですが長い旅を思うと図案と布の相性が今一度で止ってしまいます。
大きすぎても、小さくてもストレスが大きいような気がして。
よし、これでいくぞ・・・3回目の正直です。

いつ終わりになるのか想像もつきません。
日々の糧になることは間違いなし。




ブラックワークを2つほど。

 まずいつものSAL Save the Stitches パート10

ブラックワーク10 

ブラックワークの資料を探していたときに出会った
”刺しゅうをする婦人” ひと目で気に入りました。

刺しゅう婦人

デザイン Carol Leather

今日は刺しゅう以外で最近思ったことを。
私は定年後数年を経過しています。
今ではアルバイト的に同じ職場で働いています。
私にとって働くこととは何か?
昨日は忙しいのとある思い込みから心臓がバクバクする思いでした。
忙しいけれど若い仲間に助けられ何とか一日を終えました。
家では刺しゅうをして自分一人の世界と助け合わなければたちまち困難になる職場。
自宅で独りよがりになっていても職場では通用しない。
うまくできているなと思いました。
自宅とは違いすぎる世界に一日埋もれ、終われば何でもなかったかのように刺しゅうをしている。
何でもバランスなのでしょうね。





木の葉 ~2枚目~

足りなくなった糸が届きさっそく続きを編みました。

リーフ 

編み棒3号は大きすぎました。
次回は2号で編もうと思います。

1枚目の木の葉はお母さんになるため退職する人にプレゼントしました。
冷房対策にも何にもならないけど・・・と云いながら。

リーフ2 

綺麗な色なのでちょっとしたおしゃれです。
この木の葉は見た人はみなさん釘つけになります。

”ボケ防止だね” おっしゃる通りです。

ピンクは最近親族を亡くされた方に差しあげようと思います。

Save the Stitches

7月は新しいことに挑戦、針を編み棒に変えて苦戦しましたが
今はステッチの続きをしています。

ブラックワークパート9です。

ブラックワーク9 
写真だと金・銀糸が写っていませんが実際の方がはるかに綺麗です(笑)

    

さて、麻糸が気になる方へ耳より情報です。

木の葉で編み始めたピンクの麻糸をやっと調達に行ってきました。
仕事の帰り、今年一番の暑さの日。
するとシャッターが締められており張り紙を見ると”ネット販売のみ”になりました。

浅草橋の麻専門店

ビーズの意欲も出てきたのでビーズ専門店でいくつか調達。
流石に毛糸屋さんは次回にしました(笑)


夏の風物詩花火です~近所から~

kako-FoimlnRUoBxAhAuc.jpg 

ここに住んで10年ですが昨年までごく近所で見られるなんて知りませんでした。
どれだけ大ボケなのでしょうね。

木の葉がやっと完成しました。

行きつ戻りつの連続でしたがやっとひと区切りです。

木の葉1 

糸:シルク
針:2号棒針

お店で見かけた似たようなショールに無言で励まされました。
(編むのが無理だったら買いにおいで)
どこら辺で区切りをつけて良いか分からずこの辺で終わりにしました。
伏せ止めが終わるころに気づいた・・・。
最後もガーター編み3段すれば良かったのね、次回ね。

最初編み始めていたピンクのは糸がなくなり中断。
調達後に再開予定。

木の葉2 

丁寧な編み図までいただいた○~○さん、私も到達したから安心してください。

Around the World in 80 Part 23

いよいよ終盤に近づきました。

今月はフランス・パリを出発、フェリーでアイルランドからウェールズ・クレタ島へきました。
パート23は右上、左下でした。 

旅23-2 (2)   


旅23-3  

 旅23

ゴールはイギリスです。

ドロンワークも終えゴールを待つばかりとなりました。
長い旅に時にうんざりしたこともありますがこうして形になると嬉しいものです。
まだゴールしていないのにやり終わったような達成感を感じています(笑)
プロフィール

Sachie

Author:Sachie
写真~ブラックワーク~
  
~好きこそものの上手なれ~

下手の横好きながら手芸を
楽しんでいます。

アルバム
最新記事
カテゴリ
最新コメント
お気に入りブログ
日本語→英語自動翻訳【星条旗】
English English得袋.com
キラキラ星
QRコード
QRコード